397 ゆうだちのわけのわからぬとこがすき

歩いていたら、突然、
バケツをひっくり返したような雨にあって
びしょびしょになってしまいました!

「ゆうだちのわけのわからぬとこがすき 直美」
(ゆうだちのわけのわからぬとこがすき)〔季語:夕立(夏)〕



by kimotonaomi | 2014-07-13 00:41 | 俳句 | Comments(0)

紀本直美の俳句を紹介するブログ