人気ブログランキング | 話題のタグを見る

6月2日坪内稔典の「窓と窓」に「今の俳句―紀本直美」が掲載されました

6月2日坪内稔典の「窓と窓」に「今の俳句―紀本直美」が掲載されました。

坪内先生に許可を頂いて、転載します。
ご興味ある方は、先生のブログもみてください。

「今の俳句―紀本直美」

坂道を上る順番斑雪
狐の子至る所に線を引く
彼岸桜みられてるからできること
花冷えの股関節の可動域
あのひとつ今日に追いつくつくしんぼ

キモッチャン、と呼びならわしているこの作者は、多彩な才能の持ち主である。たとえば創風社出版のシリーズ「俳句とエッセー」は彼女によるレイアウトだ。そのシリーズには彼女の『八月の終電』も入っており、熱烈な広島カープファンぶりを示した。「太刀魚のフライ広島のサムライ」はその本の傑作の一句。 1977年生まれ、東京都に住むキモッチャンの最新作では、花冷えとつくしんぼがいいなあ。花冷えと関節の可動域との取り合わせは、現代ならでは、という気がする。つくしんぼの句は妙にうまい(うまいのは実はキモッチャンらしくないのだが)気がするが、なんとなく納得する。坪内稔典


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

by kimotonaomi | 2020-06-03 20:41 | お知らせ

紀本直美が俳句と絵本を紹介するブログ


by 紀本直美
画像一覧
更新通知を受け取る