ホームセンターで買い物をしていたら、
急に手をぎゅっと握られました!

えっ。何事? と思い振り向くと
3歳くらいの男の子が、私の手をつかみ、
すぐにぱっと離して去っていきました。
そして、クッションやカーテンなど
次々にいろんなものをさわって感触を確かめていました。

私の手のさわり心地はどうだったのでしょうか??
感想を聞いてみたいような、聞いてみたくないような。

「ふぎゅっと手つかんで春の嵐去る  直美」

(ふぎゅっとてつかんではるのあらしさる)〔季語:春の嵐(春)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-18 23:55 | 俳句 | Comments(0)
真夏のような日差しの日が続いています。

古い施設の待合室に座っていたら
クーラーらしきものが目に止まりました。
最近のクーラーは、細長くて白いものが多いですが、
これは茶色で形もずいぶん違います。

たぶん、クーラーだと思うのですが、
これだけ形が違うと、自信がなくなってしまいます。

「クーラーもふつうの形していたい  直美」

(くーらーもふつうのかたちしていたい)〔季語:クーラー(夏)〕

c0255263_23443496.jpg

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-15 23:32 | 俳句 | Comments(0)
おもしろくて話題になりそうな、
ちょっとしたプレゼントを探していたら……。

ありました。「しろくまラーメン」です。
「くまもんラーメン」も、隣にあったのですが、
さすがにそちらは、有名すぎてやめておきました。
このラーメンの収益金の一部は札幌円山動物園の
エサ代になるんだそうです。

プレゼントしてしまったのですが、
ブログに書いていたら、急に私も食べたくなりました。

「しろくまがラーメンつくるおひるどき  直美」

(しろくまがらーめんつくるおひるどき)〔季語:白熊(冬)〕

c0255263_11221690.jpg

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-11 00:05 | 俳句 | Comments(0)
私が所属している俳句グループ「船団の会」の
ねんてんの今日の一句」にて、俳句が掲載されました。
許可をいただいたので、掲載させていただきます。

『パリパリの私のきもち春キャベツ  紀本直美

 「子規新報」160号の「句集の新風」から採った。「子規新報」は四国・松山の創風社出版が出している俳句情報誌。小西昭夫を中心に松山の船団の会会員が編集に協力している。
 「子規新報」では前号から塩見恵介の「俳人現在」の連載が始まっている。関西の若手の俳人を紹介しようとしているが、「俳句」「俳壇」などの東京発の俳句情報誌は東京の俳人を中心にしがち。そういうことへの不満が関西の若手にたまり、それが爆発するととてもいいと思う。
 「ネーブルのまじめくさった皮をむく」。これも1977年生まれの紀本直美の作。彼女は東京在住だが、東京の俳壇とはかかわりなしに登場した。関東の春一番のような新人だ。 坪内稔典』
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-09 00:54 | お知らせ | Comments(0)
ゴールデンウィーク中に引っ越しがあったのでしょうか。
下に住んでいる方が新しく変わったようで、
今までになかった音がしています。

ギターの練習なのか、音楽を聴いているのか、
ずんずん重い音が響いてきます。
さほど大きい音ではないのですが、
何かわからない音がずっと響いているというのは、
うるさい音楽が聞こえるよりも、
妙に気になってストレスがたまることがわかりました。

「ここかしこ音の畑の収穫祭  直美」

(ここかしこおとのはたけのしゅうかくさい)〔季語:収穫祭(冬)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-08 00:40 | 俳句 | Comments(0)
句集を出してから人に会う機会が増えたので、
名刺を作ることにしました。
デザインを、句集の装丁をしてくださった
デザイナー・竹石裕さんにお願いしたところ、
すぐに12パターンのデザイン案が送られてきました。

名前や住所など内容は全く同じなのに、
書体や配置、バックの色を変えると
ずいぶんイメージが違ってくるので不思議です。

そして、どのデザインもすてきなので
ひたすら迷っています。

「まっしろな名刺ふるえる入社式  直美」

(まっしろなめいしふるえるにゅうしゃしき)〔季語:入社式(春)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-04 00:33 | 俳句 | Comments(0)
「朝寝」とは、春の季語で、
陽気がよくて寝過ごしてしまうことです。

陽気のいい日に、電車に乗ってゆられていたら
いつのまにか熟睡してしまい、気がついたら終点!
目が覚めて周りを見まわすと、既に乗客が降りた後。
私以外に誰も車両にいなかったので驚きました。

「朝寝して昼寝して夜は夜寝する  直美」

(あさねしてひるねしてよるはよるねする)〔季語:朝寝(春)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-05-01 00:39 | 俳句 | Comments(0)
山積みの雑誌って、それだけですごく存在感があると思います。
古本屋に積み上げられている雑誌(昭和に印刷されたものなど)
には風格すら感じます。

今朝歩いていたら、資源ごみに出されている雑誌の束に遭遇しました。
綺麗な雑誌が束になって捨てられているのを見ると、
持ち主さんはどうして手放す気になったのかなあとか
いろいろ想像して、勝手に感慨深くなってしまいました。

「山積みの雑誌卒業式してる  直美」

(やまづみのざっしそつぎょうしきしてる)〔季語:卒業式(春)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-04-27 01:06 | 俳句 | Comments(0)
老舗和菓子屋の前を歩いていたら、
貼り紙が目に止まり、
足もはたと止まってしまいました。

「柏餅始めました」

「冷やし中華始めました」は
見たことがありましたが、柏餅は初めてです。
筆で書かれた文字も美しくて、感動。
見た瞬間、柏餅を買うことを決めました!

「ひとまわりおおきくなって柏餅  直美」

(ひとまわりおおきくなってかしわもち)〔季語:柏餅(夏)〕

c0255263_1574634.jpg

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-04-24 00:56 | 俳句 | Comments(0)
4月から新生活が始まった人も多いと思います。
最近仕事が変わった友人と話す機会がありました。
何かを選ぶとき「マイナス要素が少ないものを探すことが重要」
なんだそうです。
プラスの選択肢はなかなかみつからないから
探すことすらしていないそうです。
前向きなんだか後ろ向きなんだかわからないけど、
芯が通っていてすごいと思いました。

「前向きに後ろを向いて咲くスミレ  直美」

(まえむきにうしろをむいてさくすみれ)〔季語:すみれ(春)〕

c0255263_10371777.jpg

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-04-20 00:35 | 俳句 | Comments(0)

紀本直美の俳句を紹介するブログ


by 紀本直美