明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年も、あ!いいな!と自分が感じられるような、
また、皆様に感じていただけるような俳句と
出会えたらと思っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2013-01-01 08:40 | ご挨拶 | Comments(0)

どうぞ良いお年をお迎えください。

今年の11月11日に始めたこの俳句ブログですが、
おかげさまで無事に続けることができました。
読んでくださった皆様、ありがとうございました。
来年も続けていきたいと思いますので、
お時間のある時に、のぞいてみてください。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-31 00:25 | ご挨拶 | Comments(0)

書評掲載のお知らせ

私が所属している俳句グループ「船団の会」の
週刊ブックレビュー」にて、書評が掲載されます。
12月31日にUPされますので、よろしければご覧ください。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-29 21:45 | お知らせ | Comments(0)

12 ひととしてきのうのおちてゆく寒波

新潟に住む友人から写真がたくさん届きました。
すごいです。雪にすっぽりと包まれた景色。
写真で見ると美しい風景なのですが、
雪かきや交通の便など、友人の生活のことを考えると
本当に大変だなあと思います。
東京に住んでいる私には、
雪国の暮らしを想像するだけで固まってしまいました。

「ひととしてきのうのおちてゆく寒波  直美」

(ひととしてきのうのおちてゆくかんぱ)〔季語:寒波(冬)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
c0255263_0251684.jpg

[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-26 22:43 | 俳句 | Comments(0)

11 ねこのいてあいついらなくなるこたつ

子どものころは、こたつが大好きで
首まですっぽり入って、亀になった気分でいました。
今は、こたつのテーブルはあるのですが、
こたつを出したら最後、部屋で一歩も動かなく
なりそうなので、我慢しています。
ここにネコなんかいたら、もうなにもいらないし
なにかする気力もなくなりそうです。

「ねこのいてあいついらなくなるこたつ  直美」

(ねこのいてあいついらなくなるこたつ)〔季語:こたつ(冬)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-22 23:01 | 俳句 | Comments(0)

10 逆上がりしてるあのこの頬に雪

お昼時、オフィス街を歩いていたら
小さな公園にある鉄棒で健康体操をしている
おじさまがいました。
健康グッズを扱う通販番組の司会者のような
なにか独特の動きでしたが、かなり熟練していて
健康によさそうな感じ。
仕上げには、軽々と逆上がりをしていました。
自分はできるだろうか…逆上がり。

「逆上がりしてるあのこの頬に雪  直美」

(さかあがりしてるあのこのほおにゆき)〔季語:雪(冬)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-19 00:08 | 俳句 | Comments(0)

9 誰とでもあった気になる年の暮

お酒が好きな方へお歳暮を選びました。
私はあまりお酒に詳しくないので、ついついラベルが
すてきなのものを手に取ってしまいます。

毎年お歳暮を贈る方は決まっているのですが、
今年会ったと思っていたら、去年だったということに
気づいて驚きました。
一年、いや、二年経つのもあっという間。
来年は久しぶりに会って話をしたいなと思います。

「誰とでもあった気になる年の暮  直美」

(だれとでもあったきになるとしのくれ)〔季語:年の暮(冬)〕

c0255263_22595197.jpg


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-15 22:50 | 俳句 | Comments(2)

8 まってました勘三郎のさんたさん

中村勘三郎さんがお亡くなりになりました。
私が最後に観た舞台は、昨年の平成中村座。
元気がない感じがしましたが、相当体調が悪かったんですね。

さよなら歌舞伎座十二月公演の「野田版 鼠小僧」も楽しかったです。
クリスマスの話で、勘三郎さんが演じた棺桶屋三太は、
たしかサンタクロースとかけた名前だったと思います。
縦横無尽に冬の江戸を走り回るエネルギッシュな姿が印象的でした。

もう勘三郎さんの舞台姿を観ることができないなんて、今だに信じられません。
また、ひょっこり舞台に出てきそうな気がします。

「まってました勘三郎のさんたさん  直美」

(まってましたかんざぶろうのさんたさん)〔季語:さんたさん(冬)〕

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-12 22:48 | 俳句 | Comments(0)

7 クリスマス休戦リボン巻いたから

銀座でクリスマスツリーの写真を撮りました。
銀座はどこも混んでいて、特にデパートの地下売り場は、
歩くのも人ごみをかきわけるような盛況ぶり。
人が多くてイライラしてしまうせいか
喧嘩しているカップルがいました。
せっかくのクリスマスデートなのに……
と、他人事ながら、心配してしまいました。

「クリスマス休戦リボン巻いたから  直美」

(くりすますきゅうせんりぼんまいたから)〔季語:クリスマス(冬)〕
c0255263_2325447.jpg



にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-08 23:20 | 俳句 | Comments(0)

6 できたての豆乳をのむ冬の朝

街を歩いていて小さなお豆腐屋さんを発見すると、
おおっ。こんなところに! 
と、宝物でも発見したかのように、なぜか反応してしまいます。

私にとっては、お豆腐は冬のイメージです。
お鍋や味噌汁など温かいお豆腐がすきだからかもしれません。
お豆腐やさんで売っているできたての豆乳は、
温かく優しい味がしておすすめです。

「できたての豆乳をのむ冬の朝  直美」

(できたてのとうにゅうをのむふゆのあさ)〔季語:冬の朝(冬)〕


にほんブログ村
[PR]
# by kimotonaomi | 2012-12-05 00:09 | 俳句 | Comments(0)


紀本直美の俳句を紹介するブログ


by 紀本直美

画像一覧

カテゴリ

全体
俳句講座
俳句
お知らせ
書評
投句&感想
ご挨拶
シナリオ
未分類

twitter

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by kimotonaomi at 23:53
ホント  今年はシーソー..
by 麻里 at 09:17
ふふ ホントそうで..
by 麻里 at 09:10
麻里さん okanoh..
by kimotonaomi at 01:08
昨日はお疲れ様でした。濃..
by okanohaiku at 13:49

タグ

記事ランキング

最新の記事

1849 読み返す離婚の知ら..
at 2018-10-20 22:18
1848 秋の暮御礼のはずが..
at 2018-10-19 21:56
1847 びっくらぽん名刺取..
at 2018-10-18 21:54
1846 古希むかえ初カルチ..
at 2018-10-17 21:53
1845 秋深し殺人現場に出..
at 2018-10-16 21:03

ブログジャンル

創作小説・詩

最新のトラックバック

メモ帳

ライフログ

お気に入りブログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

画像一覧